YUKI KAWAGUCHI
トップ 略歴 研究 論文 発表 講義 リンク
Japanease only
[物性物理のすすめ] [量子力学A] [量子基礎工学特論] [数学2B(東大)] [量子物理学(東大)]

物性物理のすすめ(大学院・2016前期)


担当 : (前半) 川口 由紀 准教授、(後半) 伊東 裕 准教授

時限 : 水曜日10:30-12:00 @ 321講義室

成績評価 : レポート
    講義時間中にレポート課題を出します。
    下記の講義ノートからも確認できます。
    前半7回で10題程度出すので、そのうち2問を選択して解答すること。
    (提出期限) 出題2週間後の講義終了時。
    (提出方法) 講義時間に提出、または3号館373号室のレポートボックスへ提出。

    (5/18 追記) 3問以上のレポートを提出した場合は、点数のよいもの2つにより成績をつけます。

講義内容 : [クリックで講義のスライドが見れます。]

    1.
量子力学・固体の性質の復習 (4/13)

    2. 自由電子モデル (4/20) [レポート問題1 (提出期限:5/18)]
       p. 37まで終了。やる気のある方は予習としてレポート問題1に取り組んでみてください。

    3. 結晶中の電子 (4/27) [レポート問題 1-3 (提出期限:5/18 連休なので一週間延ばします)]

    4. 結晶中の電子・半導体 (5/11) [レポート問題 4-6 (提出期限:5/25)]
       レポート問題6に間違いがありました。小問1で、
       「ひとつのドナーがイオン化する確率」 → 「ひとつのドナー準位を電子が占める確率」
       と修正してください。


    5. 輸送現象・金属絶縁体転移 (5/18) [レポート問題7 (提出期限:6/1)]

    6. 磁性の基礎 (5/25)(p.38まで) [レポート問題8-10 (提出期限:6/8)]
      (レポート問題11は来週の課題にします。)

    7. 物性におけるトポロジー (6/1) [レポート問題11-14 (提出期限:6/15)]



量子力学A (学部2年・2015後期)


【レポート】
    冬休みのレポート課題を出します。
    ・
レポート課題
    ・締切:2016/1/13(水)
    ・提出先:南3-373号室前レポートボックス(講義の時間にも集めます)
    ・レポート略解

担当:
    (講義) 川口 由紀 准教授
    (演習) 矢田 圭司 助教
    (TA) 深谷 優梨

時限:
    (講義) 水曜日10:30-12:00 @ 333講義室
    (演習) 金曜日10:30-12:00 @ 332講義室 (隔週)

講義内容:
    1. 量子力学のはじまり
    2. ド・ブロイの物質波
    3. シュレディンガー方程式
    4. 運動量空間と不確定性原理
    5. 演算子と固有関数
    6. 1次元井戸型ポテンシャル
    7. 散乱と透過
    8. 1次元調和振動子

成績評価:
    期末試験、レポート、出席




量子基礎工学特論 (大学院・2015後期)


【レポート】
    成績評価のためのレポート課題を出します。
    ・
レポート課題ダウンロード
    ・締切:2016/1/22(金)
    ・提出先:南3-373号室前レポートボックス(講義の時間にも集めます)

時限:
    (講義) 金曜日13:00-14:30 @ 333講義室

講義内容:
    1. 磁性体の基礎
        1.1 磁気モーメント
        1.2 自由な磁性原子/イオンの電子状態
        1.3 結晶中の磁性イオン
        (補足) 角運動量の合成

    2. スピン間の相互作用
        2.1 ダイポール相互作用
        2.2 直接交換相互作用
        2.3 超交換相互作用
        2.4 異方的交換相互作用

    3. 相転移と臨界現象
        3.1 ランダウ理論
        3.2 イジング模型
        3.3 一次元イジング模型の厳密解
        3.4 汎関数積分と鞍点法
        3.5 スケーリング仮説と異常次元
        3.6 くり込み群
        3.7 Kosterliz-Thouless転移

    4. 磁性体の励起状態
        4.1 Holstein-Primakoff変換
        4.2 強磁性スピン波
        4.3 反強磁性スピン波

    5. 磁性を持った超流動
        2.1 超流動
        2.2 磁性を持った超流動
        2.3 磁気相図
        2.4 異方的超伝導との対比


成績評価:
    レポート、出席




数学2B (学部3年・2015夏学期)


【追レポート】
    期末試験の点数が不十分な受講者に追レポート課題を出します。
    ・
対レポート対象者
    ・レポート課題
    ・締切:8/21(金)17:00
    ・提出先:物工教務室内レポート提出ボックス 6番 (工学部6号館1階)

【追レポート・修正】
    追レポート問題にミスプリがありました。
    問5 示すべき式の右辺は
    (正) k × (k 位のゼロ点の数) − l × (l 位の極の数)
    (誤) k × (k 位のゼロ点の数) − l × (l 位のゼロ点の数)
    となります。


担当:
    (講義) 川口 由紀 講師
    (演習) 松下 雄一郎 助教、伊與田 秀輝 助教
    (TA) 林 宏翔、石川 晴基、王 笛申

時限:
    (講義) 水曜日13:00-14:45 @ 213講義室
    (演習) 水曜日14:55 - 16:55 @ 213講義室(機械), 221講義室(機情・航空)

講義内容: [クリックで手書きの講義ノート(板書と同じもの)が見れます]

    第一章 複素関数論
         1. 複素数、2. 複素関数 (4/14 up)
         3. 初等関数、4. 複素積分 (4/14 up, 4/15 revised)
         5. 級数展開、6. 留数と極 (4/20 up, 4/22 p. 20を修正)
         7. 留数定理の応用 (5/1 up, 5/13 p.29, 30, 33のタイポを修正)
         8. 正則関数の諸性質 (5/18 up, 6/1 Sec. 8.5を追加)
             補足プリント1
             補足プリント2
             レポート問題 (6/10締切) (5/20 up)

    第二章 フーリエ解析と偏微分方程式
         1. フーリエ級数 (6/1 up, 6/9 p.54,55に例題追加)
         2. 有限区間の偏微分方程式 (6/9 up)
         3. フーリエ変換 (6/16 up)
         4. 無限区間の偏微分方程式 (6/23 up)
         5. ラプラス変換 (6/23 up)
             補足プリント3
         6. 偏微分方程式 (7/7 up)

期末試験:
    7月15日(水)13:00 - 14:45 @ 213講義室 (持ち込み不可)

成績評価:
    期末試験、演習での発表およびレポート




量子物理学 (大学院・2015夏学期)

担当:
    (前半) 今田 正俊 教授、(後半)川口 由紀 講師

時限:
     火曜日13:00-14:45 @ 工6号館3階セミナー室C

講義内容:
    「超流動の物理」(後半は6/2よりスタート)

成績評価:
     レポート (ダウンロード)
     締切 8月7日(金) 17:00
     提出先 物工教務室7番ポスト

kawaguchinuap.nagoya-u.ac.jp