Top > SSH

他LANのファイル共有システムに参加する方法を説明する。 これを使うことでファイラーなどから簡単にファイルの転送等ができる。

多段転送 Edit

ssh -l username -t -L (ローカル側のポート):127.0.0.1:(適当なポートA) 中継サーバー1のアドレス ssh -l username -p SSHのポート -L (先ほどのポートA):(転送先のアドレス):転送先のポート 中継サーバー2のアドレス

基本 Edit

SSH転送により139ポートを転送すれば良い。 他LAN内にSSHサーバーがあればそこに接続すればよいが、無い場合は他のSSHサーバに中継してもらう。 但しローカルの139ポートを転送してしまうと、クライアントのLAN内のファイル共有が使えなくなる。 そこでまず仮想ネットワークアダプタを導入する。

仮想ネットワークアダプタ Edit

  1. 「ハードウェアの追加と削除」から「ネットワークアダプタ」の「Microsoft」の「Microsoft Loopback Adapter」をインストール
  2. 導入した仮想ネットワークアダプタに適当なIPアドレス(他と競合しないように)を設定する。
  3. 「Microsoft ネットワーク用とファイルとプリンタの共有」を解除
  4. TCP/IPのプロパティ → 詳細設定 → WINSタブ → NBTを無効にする

SSH転送設定 Edit

SSH転送の設定は以下のようにする。

  1. 接続したいSAMBAサーバー
    1. 中継サーバーにSSH接続
    2. リモートの5139ポートをローカルの139ポートに転送
  2. クライアント
    1. 中継サーバーにSSH接続
    2. (仮想ネットワークアダプタのIPアドレス):139 をlocalhostの5139ポートに転送

ここでは5139を用いたが勿論他の適当なポートでも良い。

接続 Edit

\\(仮想ネットワークアダプタのIPアドレス) に接続

注意 Edit

仮想ネットワークアダプタへの接続をポート転送するのはTTSSHなどでは不可能 PuTTYなどを使う。 SAMBAサーバー側ではTTSSHでも何でも良い。



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 01 Apr 2017 18:23:57 JST (232d)