物性基礎工学研究グループ (田仲研)          English
名古屋大学 工学研究科 マテリアル理工学専攻 応用物理学分野 量子物理工学講座 物性基礎工学研究グループ
 

大学院生募集中 →  入試情報等はこちら



 当グループは、凝縮系物理の理論の研究を行っているグループです。 たく さんの電子や原子が集まった量子の世界は不思議な現象が無数に起こります。 そこでは多くの粒子がフェルミ統計、ボーズ統計など日常の世界 とは異なる量子統計性を示し、超伝導、磁性など多様な物性を発現します。 量子物理学のフロンティアを開拓し、新しい原理、機能を解明し、 予言するのが私たちの取り組んでいる課題です。
 私たちはこれまでに、超伝導に関連した物性物理の理論研究で多くの研究を行ってきました。特に超伝導接合、超伝導発現機構で傑出した成果を あげました。 最近はこれに加えて、トポロジカル絶縁体・超伝導といった分野で成果を挙げています。 超伝導、トポロジカル絶縁体の研究は、 省エネルギーデバイス創成の観点からも重要な研究となっています。 我々は、トポロジカル量子現象、超伝導・超流動研究の世界的研究拠点を 目指して研究・教育を行っています。


主な研究テーマ


凝縮系におけるトポロジカル量子現象を中心に様々な研究に取り組んでいます
【研究テーマの解説はこちら】

・超伝導接合系の理論(トンネル効果、ジョセフソン効果、近接効果)
・トポロジカル超伝導の理論
・冷却原子気体の理論
・スカーミオンの理論
・トポロジカル絶縁体・トポロジカル結晶絶縁体の理論
・新奇なスピントロニクスの理論
・超伝導における新奇な対称性の理論
・超伝導発現機構の理論
・マヨラナフェルミオンにおけるブレイディングの理論
・シリセン・スタネンなどの単原子層の理論
・ディラック半金属・ワイル半金属の理論

2013 Tanaka Lab.